18歳~30代のための働くについて考えるWebマガジン

ダイドードリンコ株式会社

ダイドードリンコ株式会社

「ダイナミックにチャレンジできる人材」がほしい理由~vol.3 副業OK!を生み出したDyDoチャレンジアワードとは?~

全く新しいアイデアで世間をリードするダイドードリンコ。その動きを生み出す「DyDoチャレンジアワード」とは、一体どんなものなのか。

インタビュイー

園原元気

園原元気 人事総務部人事グループ

「幅広い経験を積みたい」と入社。営業職を経て、一昨年から現職。駒澤大学経営学部卒。入社5年目の27歳。

※肩書・プロフィールは取材当時のもの


国内の自販機台数シェア第3位のダイドードリンコ。「自販機はお客様をお迎えする大切な店舗」と位置づけ、他のメーカーとは一線を画す、先駆的なビジネスを展開している。

2020年秋にはマスクやウェットティッシュを販売する自販機が登場。さらに除菌・消臭スプレー、マウスウォッシュなど、新型コロナウイルス時代の不安に応える自販機も拡充。日本初の「顔認証自販機」や、新型コロナの対応で生まれた「足で操作する自販機」もデビューを見込む。ユニークなアイデアと、それを実行するスピード感。そんなダイドードリンコから目が離せない。

世界も注目するアイデアと先進性

このダイナミックな挑戦を生み出す社風をつくるひとつに「DyDoチャレンジアワード」がある。

年1回、全社員から部門の枠を超えたアイデアを募集し、社員投票によって選ばれた企画は、実現に向けて真剣に議論される。

人事総務部の園原元気さんに聞いた。
「どんな提案でもOKで、選ばれた提案者は他の部門と連携しながらアイデアを実現するために関連部署を巻き込み、実行の検討を始めます。社員にとっても大きな魅力で、毎年、すごく盛り上がるんですよ」。

チャレンジアワードは2017年に始まった制度

たとえば「自動販売機体験授業」は自販機の構造が楽しく学べるイベントで、全国の子どもたちに人気がある。傘を無償で貸し出す「レンタルアンブレラ」は、最大7本の傘を自販機の側面に設置。鉄道各社の協力で「忘れ物傘」も活用でき、環境負荷軽減となり、地域社会に貢献してい る。

DyDoチャレンジアワードから生まれた、「副業OK」

2020年秋GOサインが出た画期的なアイデアが「副業」だ。なんと平日の就業時間外で月35時間までなら、自分が好きな副業を始められる。同業でなければカフェの店員や講師など、職種は自由。

例えば、セミナーでの人材育成の講師や、PRの会社を設立して広報の仕事を請け負うなど、自分の強みや得意分野をいかした副業を始めた社員もいる。副業で社員の収入が増えるのは魅力だが、それだけが会社の目的ではない。副業の「真」のねらいはどこにあるのだろうか?

「目的は2つあり、ひとつは社員のキャリアアップ。飲料以外の世界を知ることで異なる視点が築け、学びを得て、成長につながる。もうひとつは多様なスキルや、価値観を得ること。社員の次のチャレンジにつながります」。

実際にウーバーイーツで副業を始めた園原さんにインタビュー

「趣味が自転車なので実益を兼ねて選びました。土日どちらかの昼か夜に4時間、月に16時間配達しています。時給1000円ですが、お客様から『ありがとう』と言われるのがうれしいですね。街の様子や税金の仕組みに気づくなど、世界が格段に広がりました。これを機に自転車通勤を始めたら、会社から『健康促進手当』ももらえるようになり、一石三鳥です」。

園原さんは副業のメリットを二つ教えてくれた。

一つ目は、「なんのために働くか」がわかること。
「仕事とは相手に感謝されること。役にたつことで自分も成長し、変わることができる。働く意味を再認識できたのは大きいですね」。

二つ目は、自分らしい働き方ができること。
「多様な価値観に合った働き方ができる。副業受け入れ制度がスタートすることで、新たなアイデアが生まれるきっかけにもなると思います」。

求む、ダイナミックなアイデアを出す人財

「チャレンジアワード」は、社員の「こうしたい」に耳を傾けて、後押しする取り組みだ。ダイドードリンコには業務以外の部分で、失敗を恐れずチャレンジできる機会があり、ダイナミックな人材が生まれる土壌がある。

変化する時代に向けて新たな事業やサービスにつながるイノベーションを創出するダイドードリンコ。自販機インフラという資産を発展させ、より「お客様に貢献できる」企業を目指す。

求められるのは「固定観念にとらわれず、柔軟に周りを巻き込みながらチャレンジしていける人」と園原さん。ビジョンを描きながら働きたい、自らの力で変革を起こしたい。そんなあなたに、ぜひチャレンジしてほしい企業だ。

同じカテゴリーの記事

トヨタカローラ京都株式会社

3カ月間の新人社員研修、学ぶのは「人間力の磨き方」!

トヨタカローラ京都株式会社
株式会社Fujitaka

パッションとイノベーションの融合~vol.4~直営店舗でチャレンジ!若手社員の挑戦に迫る。

株式会社Fujitaka
トヨタカローラ京都株式会社

研修で教わった「人間力の磨き方」。研鑽を重ねて仲間とともに成長したい~シリーズ羽ばたけ新人vol.3~

トヨタカローラ京都株式会社
シュンビン株式会社

顧客の「作りたい」「売りたい」をとことん追求する、シュンビン株式会社

シュンビン株式会社