18歳~30代のための働くについて考えるWebマガジン

サンシード株式会社

サンシード株式会社

サンシードのサウンドロゴ歌詞から読み取る強みは?

京都府精華町の学研都市に本社工場を構えるサンプラスチックス(株)は、2022年2月、社名を変えた。 新社名「サンシード(株)」に込めた思い、そして今春できあがったばかりの“サウンドロゴ”とは?

インタビュイー

田中元気 営業部

2020年中途入社。京都産業大学経営学部卒

青木楓 技術部

2021年新卒入社。立命館大学生命科学部卒。

※肩書・プロフィールは取材当時のもの


サウンドロゴとは、社名や商品名などを印象的にアピールするためのメロディや短い歌。テレビやラジオ、インターネットなどを通じて聴覚に訴え、消費者の記憶に残りやすいという特徴がある。

ハーゲンダッツやダノン、ヤクルトなど誰もが知るグローバル食品メーカーからの依頼が集まるBtoB容器メーカー。1957年の創業以来、独自技術を武器に、求められるニーズに即した容器の企画開発を手がけ、業界シェアトップクラスを誇る。

そんな同社が、2022年2月、社名を「サンプラスチックス」から「サンシード」に改めた。背景には、世界的な「脱プラスチック」の流れがある。長年、安全で高品質かつリデュース(発生抑制)を考慮した製品づくりを続けてきた同社にも、大きな変革の波が訪れていた。企業コンセプト「ものづくりの未来を創る」を掲げるサンシードは今、次々に新しい挑戦を始めている。

その一つに、創業以来初の「サウンドロゴ」の制作がある。会社のイメージを音楽にする経験は、社内の誰もが初めてだったが、営業課や技術部、品質管理課といった全部署から代表が集まり、社をあげて歌詞づくりに挑んだ。 白熱した議論の結果は、サウンドロゴクリエーターの原田博行さんに託した。

「歌詞を考える過程で各部署のプライドや思い入れを感じた。あらためて自社の特性を見直すきっかけになった」と話すのは、2020年に中途入社した営業部の田中元気さん。
また、入社2年目で技術部の青木楓さんは「会社のことを言葉で表すのはとても難しいと感じ、少し不安もあった。でも、私のような入社してすぐの社員も歌づくりに参加でき、他部署の方々との議論に加われておもしろかった」と振り返る。

未来に向かって明るく進む会社サンシード。新社名の「ceed(シード)」に込めた思いは、まさに「前進」や「succeed(成功)」だ。社員一人一人のこだわりが詰まったサウンドロゴは、この春に公開され、ラジオのほか、YouTubeでも聴くことができる。

同じカテゴリーの記事

株式会社イシダ

(株)イシダが求める人財はズバリ自分の成長に貪欲な人です。

株式会社イシダ
株式会社マツヤスーパー

エンタメ・小売・食業界に興味がある人にマツヤスーパーがおもしろい!

株式会社マツヤスーパー
TOWA株式会社

コロナ禍のリモートワークが追い風になっている会社があるの? それは半導体を作る「機械を製造する」TOWAです!

TOWA株式会社
トヨタカローラ京都株式会社

20歳のお客様に、人生で「初めての車」を提案。この感動から始まる関係を続けていく!

トヨタカローラ京都株式会社